蓄光石・蛍光石


蓄光石(蓄光石プレート)、蛍光石について、それらの用途、目的、材質、特長などについて詳しく説明いたします。

蓄光石(蓄光石プレート)の用途 ・・・ 施工実績写真の説明
蛍光石の用途 ・・・ 施工実績写真の説明

蓄光石について ・・・ 材質、特長、用途、物性についての説明
蛍光石について ・・・ 同上


■ 蓄光石(蓄光石プレート)の施工写真及び説明



■ 蛍光石の施工写真及び説明




■ 蓄光石について

●蓄光石とは、光のエネルギーを吸収し、夜間及び消灯時に徐々に光を放出する蓄光材料を使用して作られた人工石です。

●蓄光石は、蓄光材料と無機フィラーとを耐侯性の良いアクリル系の樹脂で練り込み、重合硬化させたものです。硬化させた後、蓄光石を粉砕し分級して作られます。従って、表面だけでなく内部からも蓄光石全体が発光します。

●この蓄光石は、元来、道路の舗装用途として作られたものです。従って、その様な環境でも耐えうる耐侯性、耐摩耗性、耐熱性を有している事が特長です。(屋外使用でも、変色や劣化などはほとんどありません)

●蓄光石と称して販売されているものの中には、不飽和ポリエステル樹脂を使用した人工石や、玉石の表面にコーティングしたタイプのものがあります。前者は、屋外使用で黄変することがあり、輝度も低下します。また、樹脂の特性上残存モノマーが含まれるため魚を入れた水槽などでの使用はできません。後者は、暗転時の輝度は高く綺麗ですが蓄光材が表面層だけである為、残光時間が短い場合があります。

●蓄光石の用途としては、庭石やガーデニング、魚の水槽及び家宅周囲の誘導表示などに、また工業用途として、道路の舗装材やコンクリートの二次製品などにご使用いただけます。

●蓄光石は、粉砕前に板状に加工することで、厚さ1cm程度の蓄光石プレートの製作が可能です。(10cm角~30cm角程度、厚み1cm)



■ 蛍光石について

●蛍光石とは、通常、可視光の下では白色であるが、ブラックライトを照射することで発光する無機質蛍光材を使用して作られた人工石です。

●蛍光石の用途は、テーマパーク、アミューズメント、イベント会場及び公共施設などでの演出が効果的で、モニュメントや壁画などに光アートの演出が可能です。

●蓄光石プレートと同様、蛍光石プレートの製作も可能です。

●蛍光石の材質、物性などは概ね蓄光石と同様です。